logo

  •   2016年11月11日(金)~11月12日(土)
  •   東京ミッドタウン(東京・六本木)

セミナー申込画面

セミナー受講の申込みの際は、各セッションの【申し込み】ボタンをクリックしてください。右側のカートにお選びいただいたセッションが表示されます。最後に【申し込み】(赤色のボタン)をクリックし、申込受付完了メールが届くのを確認してください。 メール が届かない場合は、申込が完了していません。受講の際にはセッションごとに受講券をご提示ください。受付で受講券を回収します。

【有料セミナーお申し込みの方へのご注意事項】

※お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。 代理の方が出席くださいますようお願いいたします。

11/11 開催セミナー

K-10B1

11月11日(金)10:00~11:30

  • B1FホールB
  • 無料

【基調講演】人工知能(AI)とクルマが変える、人々の暮らし(10:00~10:45)

トヨタ自動車が米国に設立した、人工知能(AI)の研究所「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE」。ここでは、AIを使ったクルマの安全性向上や自動運転だけでなく、介護やロボットなど、人々の暮らしにAIを生かす方法を研究している。トヨタ自動車がなぜAIに注目したのか、近い将来、どのような製品・サービスが登場するのか。同研究所の研究活動を統括する岡島氏が、開発現場の「いま」を紹介、解説する。

トヨタ自動車 先進技術統括部 主査 担当部長(前TOYOTA RESEARCH INSTITUTE チーフ・リアゾン・オフィサー) 岡島 博司氏

  • トヨタ自動車
  • 先進技術統括部 主査 担当部長
    (前TOYOTA RESEARCH INSTITUTE チーフ・リアゾン・オフィサー)
  • 岡島博司氏

1965年生まれ。1991年、名古屋工業大学大学院工学系研究科、物質工学専攻博士前期課程修了、トヨタ自動車入社。材料技術部でHVモータ用磁性材料の開発、技術統括部で先端研究の戦略・マネジメントなどを担当し、現在に至る。専門は環境・エネルギー材料、磁石、蓄電池。希少資源代替プロジェクトDy低減磁石,革新型蓄電池先端科学基礎研究事業などの政策提言、国家プロジェクト立案に関わる。「次世代エネルギー・社会システム実証」の企画、豊田市低炭素社会システム実証の全体取りまとめを行う。近年はAI研究戦略を策定、本年1月TOYOTA RESEARCH INSTITUTEを設立した。

【基調講演】「TSUTAYAの謎」リアル版~CCC増田社長に川島蓉子氏が聞く(10:45~11:30)

TSUTAYAに始まり、Tポイント、T-SITE、蔦屋家電、果ては米Airbnbとの提携まで――。従来にない店舗やサービスを次々に生み出してきたカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の増田宗昭社長は、次々に登場するデジタルテクノロジーと生活者の“幸せな関係”をどのように考えているのか。「TSUTAYAの謎」の著書であるifs未来研究所所長・川島蓉子氏が増田社長の本音に迫る。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ 代表取締役社長兼CEO 増田 宗昭氏
聞き手 伊藤忠ファッションシステム ifs未来研究所 所長 川島 蓉子氏

  • カルチュア・コンビニエンス・クラブ
  • 代表取締役社長兼CEO
  • 増田 宗昭氏

同志社大学を卒業後、株式会社鈴屋に入社。軽井沢ベルコモンズの開発などに携わる。1983年、同社を退社し、「蔦屋書店(現・TSUTAYA枚方駅前本店)」を創業。1985年、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)株式会社設立。2011年12月、東京・代官山に代官山 蔦屋書店を核とした文化複合施設「代官山T-SITE」をオープン。2013年には、佐賀県武雄市の「武雄市図書館」の運営をスタート、2015年5月にはライフスタイルを提案する家電店「蔦屋家電」を二子玉川にオープン。2016年5月には、創業の地枚方に、生活者の日常に寄り添う百貨店「枚方T-SITE」をオープン。蔦屋書店やTカード、T-SITEをはじめとした「カルチュア・インフラ」を創り出す企画会社の経営者として奔走している。

  • 伊藤忠ファッションシステム
  • ifs未来研究所 所長
  • 川島 蓉子氏

1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科修了。伊藤忠ファッションシステム取締役。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。多摩美術大学非常勤講師。日経ビジネスオンラインや読売新聞で連載を持つ。著書に『TSUTAYAの謎』『社長、そのデザインでは売れません!』(日経BP社)、『ビームス戦略』(PHP研究所)、『伊勢丹な人々』(日本経済新聞社)などがある。1年365日、毎朝、午前3時起床で原稿を書く暮らしを20年来続けている。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-1041

11月11日(金)10:00~10:45

  • 4FRoom1-4
  • 無料

“スーパーフード”“機能性”ってよく耳にしませんか?2017年の「食」のトレンドに迫る!

ここ数年ですっかり浸透した「スーパーフード」今年の4月に解禁された「機能性表示食品」2016年は今まで以上に食品・素材のもつ栄養、健康成分が集められた年と言えるでしょう。
2017年食のトレンドを一足早くお届けいたします。

一般社団法人日本スーパーフード協会 理事 鈴木 絢子氏
サラダコスモ 商品開発本部 研究開発部 部長 中田 光彦氏
ヘンプフーズジャパン 広報 那奈 なつみ氏

【モデレーター】
一般社団法人日本スーパーフード協会 代表理事 勝山 亜唯美氏

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:サラダコスモ

  • 一般社団法人日本スーパーフード協会
  • 理事 
  • 鈴木 絢子氏

大学時代に北京大学に短期語学留学し、ライター・リポーターとしても活動。 卒業後は大手美容外科・化粧品会社の広報を経て、IT広告会社で薬事法・化粧品・健康食品に携わる。美容家として独立後、自身が18年間食べ続けているさつまいもの美容健康効果を広めるべく、さつまいも親善協会を設立。化粧品・美容食など「内外美容」をテーマに執筆活動やメディア出演、講演等を行う。

  • サラダコスモ
  • 商品開発本部 研究開発部
  • 部長
  • 中田 光彦氏

1963年生まれ。名古屋大学大学工学部卒、1986年~㈱リクルート 人事・営業、1993年~オリザ油化㈱ 工場長、生産技術開発職、2008年~㈱サラダコスモ スプラウト工場長、商品開発を担当、現在に至る。2015年生鮮野菜で日本初の機能性表示食品「大豆イソフラボン子大豆もやし」を開発、現在は全国の生鮮野菜生産者に対し、機能性表示届出をサポートする事業を行っている。

  • ヘンプフーズジャパン
  • 広報
  • 那奈 なつみ氏

ヘンプフーズジャパン広報担当。卒業後海外各地を旅して、様々な価値観を学び、 オーストラリア“バイロンベイ”にて、ヘンプの可能性を始めて知ることになる。オーガニックライフスタイルと提案するショップのディレクターや、ハタ・ヨガインストラクターとしても活動後、帰国後は知られていなかったヘンプを普及する様々な活動を行っている2児の母。

  • 【モデレーター】
  • 一般社団法人日本スーパーフード協会
  • 代表理事
  • 勝山 亜唯美氏

立教大学文学部英米文学科卒。外資系大手IT企業のSEを経て、テレビ番組制作会社で芸術文化・海外取材・健康・料理等の番組のプロデューサーを務めたのち独立。ヒト・コト・モノを有名にするPR・プロデュース会社、ホワイトナイト株式会社を設立。国内外を取材するなかで、アメリカ発祥の食文化、スーパーフードに出会う。2014年、(社)日本スーパーフード協会を設立。スーパーフードの普及・啓発、商品開発、国内外でのビジネスサポートなど幅広い活動を行う。

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:サラダコスモ

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-1049

11月11日(金)10:00~12:00

  • 4FRoom9
  • 無料

リアル版! ビジネスなるほどゼミ~FiNC、ファーストキャビン、メルカリ編

日経トレンディの人気連載「ビジネスなるほどゼミ」。これまでに誌面で紹介して好評だった講師(=企業)に現時点での最新状況をリアルに話してもらう。今回はFiNC、ファーストキャビン、メルカリの3社が登壇する。

FiNCは、専用アプリを通じてダイエットに関するアドバイスとサポートを受けられる「ダイエット家庭教師」や、企業のウェルネス経営をサポートする「FiNCプラス」などで急成長。同社が見据える今後について解説する。

続くファーストキャビンは、コンパクト&ラグジュアリーをコンセプトとした、新しいスタイルのホテルを展開。09年に1号店をオープンし、現在8店舗。常に高い稼働率を維持し、17年には新たに3店をオープン予定の同社の強さの秘密を語る。

最後のメルカリは、日本で3500万DL、米国で2000万DLを達成したフリマアプリの戦略を講演。地域コミュニティに特化したCtoCアプリ「メルカリ アッテ」など新サービスも精力的に開発。日米両国で快進撃を続ける秘密と、同社の戦略を明らかにする。

FiNC 代表取締役副社長 CAO兼CWO 乗松 文夫氏
ファーストキャビン 代表取締役社長 来海 忠男氏
メルカリ 取締役 小泉 文明氏

  • FiNC 
  • 代表取締役副社長 CAO兼CWO
  • 乗松 文夫氏

1949年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。73年日本興業銀行入社。審査部、ニューヨーク支店、ボンドチーフディーラー、執行役員個人営業推進部長、みずほ銀行営業部門担当常務。03以降は協和発酵フーズ社長、協和発酵キリン常務、ミヤコ化学社長などを歴任し、14年よりFiNC副社長。

  • ファーストキャビン
  • 代表取締役社長
  • 来海 忠男氏

84年北野建設入社、04年にプランテック総合計画事務所入社、07年に代表取締役所長就任。09年からグループ会社ファーストキャビン代表取締役社長を兼任。16年からはアセット・ファシリティーズ代表取締役社長も兼任。

  • メルカリ
  • 取締役
  • 小泉 文明氏

早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業のIPOを担当。2007年よりミクシィにジョインし、取締役執行役員CFOとしてコーポレート部門全体を統轄する。12年に退任後はいくつかのスタートアップを支援し、13年12月株式会社メルカリに参画。14年3月取締役就任。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-1145

11月11日(金)11:00~12:00

  • 4FRoom5-6
  • 無料

”ヒトの無意識”に注目する企業が考える、新たな顧客インサイトとは
〜脳波マーケティングがヒットを生む?〜

ダイドードリンコ マーケティング部 安部 竜馬氏
白鶴酒造 戦略開発本部 金子 奈都子氏
シナジーマーケティング 事業本部 先端マーケティング ビジネスプロデューサー 和田 直之氏

【モデレーター】
日経BP社 日経トレンディネット編集長 吾妻 拓

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:シナジーマーケティング

  • ダイドードリンコ
  • マーケティング部
  • 安部 竜馬氏

  • 白鶴酒造
  • 戦略開発本部
  • 金子 奈都子氏

  • シナジーマーケティング
  • 事業本部 先端マーケティング
  • ビジネスプロデューサー
  • 和田 直之氏

  • 【モデレーター】
  • 日経BP社
  • 日経トレンディネット編集長
  • 吾妻 拓

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-11A1

11月11日(金)11:30~12:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

ユーザに合わせてサプリメントを自動で組み合わせて提供する「healthServer」

ドリコス株式会社の概要の説明(代表について、社名の由来、これまでの会社の道のり、事業ビジョン、事業運営体制など)の後、弊社製品「healthServer」に関する概要(製品開発に至った背景、製品コンセプト、今後について)を説明させていただきます。

ドリコス 代表取締役 竹 康宏氏

  • ドリコス
  • 代表取締役
  • 竹 康宏氏

2012年1月より、ドリコス株式会社を創業。博士(工学)。2016年3月まで、慶應義塾大学理工学部電子工学科の教員を兼務。これまでの業績は半導体チップ、電子基板間を高速無線データ伝送、無線給電する無線接続技術であり、本事業のコア技術ならびに研究開発分野に応用されている。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-1241

11月11日(金)12:00~13:00

  • 4FRoom1-4
  • 無料

クラウドファンディングが変えるニッポンのものづくり

際立つ個性を放つ製品・サービスが生まれる場として定着した「クラウドファンディング」。最近はベンチャー企業だけではなく、大手メーカーが取り組むケースも急増している。クラウドファンディングは、ニッポンのものづくりをどう変えていくのか。また、支援者の支持を集めるプロジェクトの共通項とは何か。プラットフォーム運営者の視点から、成功事例の分析と今後のサービス動向を解き明かす。

サイバーエージェント・クラウドファンディング 代表取締役社長 中山 亮太郎氏
ソフトバンク 「+Style」事業責任者 近藤 正充氏

  • サイバーエージェント・クラウドファンディング
  • 代表取締役社長
  • 中山 亮太郎氏

慶応義塾大学卒業。2006年にサイバーエージェントに入社後、社長アシスタントやメディア事業の立ち上げを経て、2010年からはベトナムにベンチャーキャピタリストして赴任し現地のネット系スタートアップへの投資を実行。2013年に日本に帰国後、サイバーエージェント・クラウドファンディングを設立し、代表取締役社長に就任。同年8月・クラウドファンディン グサービス「Makuake(マクアケ)」をリリース。

  • ソフトバンク
  • 「+Style」事業責任者
  • 近藤 正充氏

1999年、ソフトバンクパブリッシング(現:SBクリエイティブ)入社。ヤフープレス、iモードスタイル等の媒体を担当し、2005年にiモードスタイルの編集長に就任。2006年よりソフトバンクモバイル(現:ソフトバンク)に異動し、戦略企画、宣伝・販促企画、サービス/コンテンツ企画、携帯電話/スマートフォン商品企画などを担当。2013年より約2年間シリコンバレー勤務。2015年に帰国し、現職。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-12A1

11月11日(金)12:30~13:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

未来は石から生まれたLIMEXで素材革命を起こす
〜シェアリング・エコロジーを志向するベンチャーの挑戦〜  

××からつくられる?最近では環境に配慮した代替素材に注目が集まっている。今年カンブリア宮殿500回記念番組で特集されたTBMは、石灰石を主原料に紙やプラスチックの代わりとなる新素材『LIMEX(ライメックス)』を開発したベンチャーです。経済産業省の補助金を受けて2015年に第一工場が完成。2016年、シリコンバレーの新素材部門のイベント(Plug and Play)で1位を獲得し、名刺や印刷物等のLIMEX製品の販売を開始。素材ベンチャーが志向する近未来の展望をご紹介します。

TBM 執行役員(コーポーレート・コミュニケーション担当) 笹木 隆之氏

  • TBM 執行役員(コーポーレート・コミュニケーション担当)
  • 笹木 隆之氏

電通に入社後、経営者と企業のあらゆる事業活動をアイデアで活性化させる未来創造グループに所属。新規事業開発、店舗開発等のプロデュースを行う。2016年4月TBMに入社。慶應義塾大学SFC研究所 上席所員。著書に『自分ゴト化 社員の行動をブランディングする』(ファーストプレス)、『なぜ君たちは就活になるとみんな同じようなことばかりしゃべりだすのか』(宣伝会議)などがある。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-1249

11月11日(金)12:30~13:10

  • 4FRoom9
  • 無料

未来のヒット商品企画のために押さえるべきメガトレンド

「サービス化」と「オープン化」は、これからのビジネス環境を大きく変える重要なメガトレンドである。製造業のサービス産業化は、10年で+5%のペースで段階的に進み、最終的には「広告代理店機能を取り込んだデータブローカー」を頂点とするオープンなエコシステム構築を目指している。一方、技術のライフサイクル視点で見た未来のキーワードは、「人間の心と体への技術の肉薄」だ。筋肉や感覚器の機能を補完しながら、核心となる脳への接触が既に始まっている。

盛之助 代表取締役社長 川口 盛之助 氏

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:日経BPマーケティング

  • 盛之助
  • 代表取締役社長
  • 川口 盛之助 氏

慶応義塾大学工学部応用化学科卒業。イリノイ大学理学部修士課程修了。日立製作所や受託研究機関のKRIを経て、世界的な戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンに参画、アソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。国内のみならずアジア各国の政府機関からの招聘を受け、研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:日経BPマーケティング

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-12B1

11月11日(金)12:50~13:30

  • B1FホールB-1
  • 無料

だれでも作れる『AIロボット』

NTT研究所では、これまで音声・言語処理技術や画像処理技術、人の状態や感情を理解する技術等、コミュニケーションに関わるAI技術に関して世界をリードする研究開発を行ってきました。今回の講演では、NTTグループが推進するAI技術「corevo(TM)」とコミュニケーションロボット等各種デバイスを組み合わせたロボット連携サービスを、だれでも簡単に実現可能な開発環境「R-env:連舞(R)」を中心に、具体的な取り組み事例を交えながらご紹介させていただきます。

日本電信電話 NTTサービスエボリューション研究所 ネットワークドロボット&ガジェットプロジェクト 主任研究員 望月 崇由氏

  • 日本電信電話 NTTサービスエボリューション研究所
  • ネットワークドロボット&ガジェットプロジェクト
  • 主任研究員
  • 望月 崇由氏

2014年より現職。ロボットを始めとする各種デバイスやAI技術を活用して、人の新たな行動や気づきを促す非言語インラタクション技術に関する研究開発に従事。2016年度からは、ハードウェアメーカーやアプリケーション開発者、各種業界におけるビジネスパートナーとともに、クラウド対応型インタラクション制御技術「R-env:連舞(R)」によるロボット連携サービスの仲間作り/コト作りを推進する活動「”R-env:連舞” Innovation Hub」のプロデュースを担当。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-12B2

11月11日(金)12:50~13:30

  • B1FホールB-2
  • 無料

VRがもたらす「コミュニケーション革命」のいまとこれから

人気アニメの世界観に没入する。スポーツの感動を仲間と共有する。日本の風景や文化を世界に発信する。既存メディアが新たな武器を手にする。「VR元年」と言われる2016年。VR領域の拡大に伴い、次世代のトレンドの芽とビジネスチャンスが次々と生まれています。電通が考える、VRがもたらす新たなコミュニケーション革命とは?

電通 デジタルプラットフォームセンター 企画調査部 部長 足立 光氏
電通 ビジネス・クリエーション・センター 事業開発室 事業プロデュース1部 シニア・コミュニケーション・デザイン・マネージャー 荒木 亮氏

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:電通

  • 電通
  • デジタルプラットフォームセンター 企画調査部 部長
  • 足立 光氏

1990年電通入社。当初からCGやVR技術を活用した表現を模索し、任天堂、リクルート、パナソニック、P&G、味覚糖などのデジタルクリエーティブ業務に従事。現在は国内における様々なデジタル系メディアのグロース業務を行う中で、特にVRのメディア化を推進、VRの大衆化を目指す。

  • 電通
  • ビジネス・クリエーション・センター 事業開発室 事業プロデュース1部
  • シニア・コミュニケーション・デザイン・マネージャー
  • 荒木 亮氏

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:電通

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-13A1

11月11日(金)13:30~14:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

プロジェクターの概念が変わる! 日立のスマートプロジェクターとその活用事例

プロジェクターは大人数で使うもの。という概念を覆す、パッと置いてサッと使える少人数向けのポータブル超短投写LEDプロジェクターを開発した。従来には無い新しいプロジェクターの使い方を、具体的な活用事例と合わせて紹介する。

日立マクセル株式会社 光エレクトロニクス事業部 開発部 マーケティング企画課 課長 久松 壮介氏
一般社団法人 野菜プラネット協会 CTO 小林 信三氏

  • 日立マクセル株式会社
  • 光エレクトロニクス事業部 開発部 マーケティング企画課 課長
  • 久松 壮介氏

1994年関西大学卒業。1996年より20年間、日立プロジェクターの設計開発および商品企画を担当。現在はプロジェクターというカテゴリーを越えた新しい分野への応用を企画推進している。

  • 一般社団法人 野菜プラネット協会
  • CTO
  • 小林 信三氏

1996年 ニューヨーク市立大学経営大学院卒業(M.B.A.)。 独立系シンクタンクにて調査研究に従事した後、2000年ICTコンサルタントとして独立・起業。現在、「現場に埋もれる暗黙知の見える化と活用」をテーマに、IT、教育、農業、製造業の分野で横断的に事業活動を展開している。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-14B1

11月11日(金)14:00~14:50

  • B1FホールB-1
  • 無料

3大メガバンクが語るFinTech最前線

2015年末から国内でも盛り上がりを見せ始めた金融と技術の融合、いわゆるFinTech。この新潮流を前に金融機関の試行錯誤が続いている。スタートアップ企業と積極的に連携しつつ、自らイノベーションを起こして主役に躍り出ようとしているメガバンクが見ている未来の金融の姿とは。国内の3大メガバンクの担当者が、テクノロジーから見た金融の未来を語る。

三菱UFJフィナンシャル・グループ デジタルイノベーション推進部 シニアアナリスト 藤井 達人氏
三井住友フィナンシャルグループ ITイノベーション推進部 オープンイノベーショングループ長 竹田 達哉氏
みずほフィナンシャルグループ インキュベーションPT シニアデジタルストラテジスト 大久保 光伸氏

【コーディネーター】
日経FinTech編集長 原 隆
日経トレンディ編集長 伊藤 健

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • デジタルイノベーション推進部 シニアアナリスト
  • 藤井 達人氏

1998年より、大手ITベンダーにて大手金融機関のメインフレーム開発、インターネットバンキングの立上げ、金融機関向けのコンサルティング業務に従事。その後、大手コンサルティング会社を経て三菱東京UFJ銀行のイノベーション事業に参画し、フィンテック導入のオープンイノベーションの各種施策を担当。「BTMU Fintech Challenge 2015」「MUFG Fintechアクセラレータ」「BTMU 銀行APIハッカソン」の設立を主導。

  • 三井住友フィナンシャルグループ
  • ITイノベーション推進部 オープンイノベーショングループ長
  • 竹田 達哉氏

1996年、(現)株式会社三井住友銀行入行。丸ノ内支店、投資銀行部門、経営企画部に在籍。経営企画部では、主に国内外の買収・提携案件に従事。決済企画部戦略企画グループ長を経て、2015年10月より現職。

  • みずほフィナンシャルグループ
  • インキュベーションPT
  • シニアデジタルストラテジスト
  • 大久保 光伸氏

約17年間、規制当局のガイドラインに準拠した金融機関システムの企画・開発業務と、先端技術の調査・検証・活用検討業務に従事。前職の金融機関では、日本初となるパブリッククラウドの導入をリードし、国内外で事例を公開。クラウドエコシステムの構築に貢献してきた。現在、株式会社みずほフィナンシャルグループにてデジタル戦略を担当。一方では、一般社団法人金融革新同友会FINOVATORSの共同創業者として、FinTechスタートアップ企業へのメンタリングやパブリックセクターへの提言、海外FinTech業界団体との連携等により金融イノベーションのエコシステム形成に携わる。

  • 【コーディネーター】
  • 日経FinTech編集長 
  • 原 隆

  • 日経トレンディ編集長 
  • 伊藤 健

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-14B2

11月11日(金)14:00~14:50

  • B1FホールB-2
  • 無料

人工知能(AI)を支える「ディープラーニング」のすべて

人工知能(AI)がプロ棋士に圧勝――。「AIが人間を超える日は近いのか」そんな話題が、今春、沸き起こった。このAIを進化させ、その用途を広げているのが「ディープラーニング」(深層学習)と呼ばれる技術。増大するビッグデータをどのように整理、分析、理解しているのか。実際、どのように活用されているか、将来の可能性も含めて解説する。

エヌビディア ジャパン ディープラーニング部 ディープラーニング ソリューションアーキテクト CUDA エンジニア 村上 真奈氏
ABEJA 代表取締役社長 CEO 岡田 陽介氏

  • エヌビディア ジャパン
  • ディープラーニング部
  • ディープラーニング ソリューションアーキテクト CUDA エンジニア
  • 村上 真奈氏

2007 年に早稲田大学教育学部理学科数学専修を卒業後、株式会社システム計画研究所に入社。写真シール機や放送機器への画像処理の組み込み開発に携わる。その後、サムスン日本研究所にてテレビ用の画像処理の研究開発を担当。2015 年に NVIDIA に入社。現在、CUDA エンジニアとして NVIDIA の汎用計算プラットフォーム CUDA の技術や取り組みについて周知する活動やトレーニングおよびカスタマーサポートを担当。現在はディープラーニング関連のソリューションアーキテクトも兼任している。

  • ABEJA
  • 代表取締役社長 CEO
  • 岡田 陽介氏

1988年生まれ。愛知県名古屋市出身。10歳からプログラミングをスタート。 高校で、コンピュータグラフィックスを専攻し、文部科学大臣賞を受賞。大学では、3次元コンピュータグラフィックス関連の研究を複数の国際会議で発表。株式会社リッチメディアに入社し、6カ月で最年少事業本部マネージャー昇格。四半期で数億円の事業開発を担当。その後、シリコンバレーに滞在し、最先端コンピュータサイエンスをリサーチ。人工知能の革命的進化を目の当たりにする。日本に帰国後、2012年4月同社を退社し、9月に株式会社ABEJAを起業。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-1445

11月11日(金)14:00~16:00

  • 4FRoom5-6
  • 有料(3000円・税込)

ヒットを生み出す思考法~カリスマバイヤーが伝授

1000店以上の和菓子店を自らの足で訪ねた高島屋の和菓子バイヤー畑主税氏と、国立新美術館のミュージアムショップなどを手がけるフリーランスのバイヤー山田遊氏――2人のカリスマバイヤーの流儀から“モノが売れない時代”“ネットが浸透した時代”に生き残るためのバイヤー的思考を明らかにする。続く座談会では、日経BPヒット総合研究所の渡辺和博が、2人との対話からこれからのバイヤーが身につけるべきスキルをひもとく。

髙島屋 MD本部 リビング&フードディビジョン バイヤー 課長 畑 主税氏
メソッド 代表取締役 山田 遊氏

【コーディネーター】
日経BPヒット総合研究所 上席研究員 渡辺 和博

  • 髙島屋
  • MD本部 リビング&フードディビジョン バイヤー 課長
  • 畑 主税氏

和菓子バイヤー。2003年高島屋に入社。2006年新宿店の和菓子売場担当となって以来、全国の和菓子店を自ら訪ねるスタイルで和菓子の探求を続けている。京都の生菓子を航空便で運んで関東の店舗で販売したり、老舗の若主人たちが共同で和菓子を作って販売するなど、大胆な行動力と発想力で和菓子の将来を考えたイベントや企画を次々と発信している。2017年には自身初めての著作「ニッポン全国・和菓子の食べある記」が発売される予定。

  • メソッド
  • 代表取締役
  • 山田 遊氏

バイヤー、監修者。東京都出身。南青山のIDEE SHOPのバイヤーを経て、2007年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始める。現在、株式会社メソッド代表取締役。2013年「別冊Discover Japan 暮らしの専門店」が、エイ出版社より発売。2014年「デザインとセンスで売れる ショップ成功のメソッド」誠文堂新光社より発売。

 
  • 【コーディネーター】
  • 日経BPヒット総合研究所
  • 上席研究員
  • 渡辺 和博
申込締切迫る!申込締め切りは11月10日(木)11:59まで
  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-1441

11月11日(金)14:00~17:20

  • 4FRoom1-4
  • 有料(5000円・税込)

明日のヒットをつかむには~「ヒットの達人」による豪華三本立て!

確率思考の戦略的マーケティング
対談・ヒットを創り出す原点はどこに
ウナギ味の「近大ナマズ」を生んだマーケティングの力

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」をV時回復させたマーケターによるマーケティングの理論と実践。「マーケティング策を98%の確率で成功させる」「勝てる勝負を探す、という発想」「何を伸ばせば勝てるのかという視点」「考えを実現するための戦略立案」など、これまでの成功例をもとに、どのように考え、マーケティング策を計画・実践してきたか、「事例+理論」で解説する。

森岡氏の講演に続き、カプコン執行役員の辻本良三氏を招き、トップクラスのマーケターとクリエーターによる「ヒットを創る」をテーマにした対談を実施。『モンスターハンターポータブル 2nd G』以来、歴代作品のプロデューサーである辻本氏と森岡氏による、企業コラボレーション、アイデアの具現化、これからをどう読むか、といった熱い議論にご期待ください。

最後は、受験者数トップの座を勝ち取った近畿大学が、近大マグロの次に打ち出した「ウナギ味のナマズ」の講演。食料経済学を専門とする有路昌彦教授が、絶滅危惧種のウナギに似た味のかば焼きが楽しめる、臭みのないナマズを開発した。有路教授が研究してきた、臭みのない魚を養殖する技術が生まれる背景に、経済学の知見と大胆な決断、そしてさまざまな企業を巻き込むリーダーシップがある。ヒットを生み出す近畿大学のエース、有路先生が近大ナマズの誕生秘話を披露する。

ユー・エス・ジェイ CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー) 執行役員 森岡 毅氏
カプコン 執行役員 CS第三開発統括 第三開発部部長 プロデューサー 辻本 良三氏
近畿大学 世界経済研究所 水産・食料戦略分野 教授 有路 昌彦氏

  • ユー・エス・ジェイ
  • CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー) 執行役員
  • 森岡 毅氏

1972年生まれ。神戸大学経営学部卒業。1996年、P&G入社。日本ヴィダルサスーンのブランドマネージャー、P&G世界本社(米国シンシナティ)で北米パンテーンのブランドマネージャー、ウエラジャパン副代表などを歴任。2010年にユー・エス・ジェイ入社。革新的なアイデアを次々投入し、窮地にあったユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させる。2012年より同社チーフ・マーケティング・オフィサー、執行役員、マーケティング本部長。著書に『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(角川文庫)、『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』『確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力』(以上、KADOKAWA)。

  • カプコン
  • 執行役員 CS第三開発統括 第三開発部部長 プロデューサー 
  • 辻本 良三氏

『モンスターハンターポータブル 2nd G』以来、歴代作品のプロデューサーを多数担当。『モンスターハンター ストーリーズ』でもプロデューサーとしてゲーム全般の監修を行っている。

写真/水野浩志

  • 近畿大学
  • 世界経済研究所 水産・食料戦略分野 教授
  • 有路 昌彦氏

1975年福岡県生まれ。京都大学農学部卒、京都大学大学院博士課程修了後、大手銀行系シンクタンク研究員、民間経済研究所役員、近畿大学農学部水産学科准教授を経て現職。京都大学博士 (農学:生物資源経済学)。専門は水産、食料経済、事業化、リスクコミュニケーション。内閣府食品安全委員会企画等専門調査会委員、日本学術会議連携会員など多数兼務。「ウナギ味のナマズ」「におわないブリ」の開発者として知られる。大学発ベンチャー企業「食縁」社長。

申込締切迫る!申込締め切りは11月10日(木)11:59まで
  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-14A1

11月11日(金)14:30~15:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

ウイルスを破壊する、やさしい新テクノロジー”カテプロテクト”で作るウイルスのない世界

我々は日々多種多様なウイルスに晒されています。毎年冬になるとインフルエンザやノロウイルスが猛威を奮い、海外に目を向けるとエボラなど致死性の高いウイルスも蔓延しています。そこで我々はカテキンを使った新技術でこの問題を解決します。大阪大学産業科学研究所が開発した新型カテキン”カテプロテクト”技術とその製品に関してお話致します。

プロテクティア 代表取締役 田中 伸幸氏

  • プロテクティア
  • 代表取締役
  • 田中 伸幸氏

大阪大学産業科学研究所医薬品化学研究分野の特任研究員(抗がん剤研究)を経て、2011年に株式会社プロテクティアに入社。研究員としてプロセス検討、ウイルス試験、部材開発などカテプロテクトの研究開発全般を行う傍ら、カテプロテクトを用いた製品のプロモーションやブランディングなどに関しても従事。2015年6月に代表取締役に就任。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-1549

11月11日(金)15:00~17:00

  • 4FRoom9
  • 無料

プレゼンイベント「N IDEA(エヌ・アイデア)」#7
<地方創生・地域発ヒット>

新たな発想と行動力で社会にイノベーションをもたらす人々が全国から集い、自身の言葉で語るプレゼンテーションイベントが「N IDEA(エヌ・アイデア)」です。 年間を通して開催しているN IDEA。今回#7のテーマは「地方創生・地域発ヒット」です。 イノベーティブなビジネスアイデア、ビジョン、先進的な取り組みについてのプレゼンテーションをお聞き逃しなく!


●Keynote
「都市と地方をかきまぜる」食べる通信&ポケットマルシェの挑戦
NPO法人 東北開墾 代表理事・日本食べる通信リーグ 代表理事 高橋 博之 氏

●Presentations
IoTで地域の「旬」を繋ぐ、新しい農業バリューチェーン
NKアグリ 代表取締役社長 三原 洋一氏

地域コミュニティの形成から始まる新たなIT産業と社会との関係づくり
沖縄オープンラボラトリ 原 芳人氏

シェアビレッジが拓く、新しい田舎の未来
kedama 代表取締役/シェアビレッジ村長 武田 昌大氏



●Panel Discussion
<パネリスト>
NPO法人 東北開墾 代表理事・日本食べる通信リーグ 代表理事 高橋 博之氏
NKアグリ 代表取締役社長 三原 洋一氏
沖縄オープンラボラトリ 原 芳人氏
kedama 代表取締役/シェアビレッジ村長 武田 昌大氏
みずほ銀行 イノベーション企業支援部長 大櫃 直人氏

<モデレータ>
ホオバル 取締役 サービスプロデューサー 新城 健一氏


特別協賛:みずほ銀行


※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。

協賛企業:みずほ銀行


※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。

協賛企業:みずほ銀行

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-15B1

11月11日(金)15:20~16:00

  • B1FホールB-1
  • 無料

言葉では伝えることができない、人間の機微を学ぶ人工知能の活用事例

人工知能が多くのメディアで話題となっています。一方でビジネスの現場で実際に活用しようとすると、なかなか分かりづらいという声が後を絶ちません。このセッションでは、人間の暗黙知、判断の仕組み、感覚を学び、「欲しい」を見つける人工知能「KIBIT(キビット)」の活用について、ヘルスケア、ビジネスインテリジェンス、マーケティング分野での具体的事例をご紹介します。また、いよいよ一般消費者向けのサービス提供が間近となった、学んで答える小さなロボット「Kibiro(キビロ)」もご紹介する予定です。

FRONTEO 取締役 最高技術責任者 行動情報科学研究所 所長 武田 秀樹氏

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:FRONTEO

  • FRONTEO
  • 取締役 最高技術責任者 行動情報科学研究所 所長
  • 武田 秀樹氏

1996年、早稲田大学を卒業、専攻は哲学。自然言語処理を応用した情報発見を得意とする。複数のベンチャーで新規事業の立ち上げに参画後、2009年UBIC入社。多彩なバックグランドを持つ研究者、開発者を集め、人工知能「KIBIT(キビット)」の研究開発を指揮する。証拠発見・調査分野への人工知能適応に取り組み、世界に先駆けてアプリケーション開発に成功している。 


※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:FRONTEO

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-15B2

11月11日(金)15:20~16:10

  • B1FホールB-2
  • 無料

【特別講演】“デジタル×百貨店” 三越伊勢丹の挑戦

“デジタルとファッションの融合”を掲げ、デジタル技術を活用したミラーの導入、人工知能を活用した接客など、IoT(Internet of Things)戦略に力を入れる三越伊勢丹。なぜ百貨店の老舗がデジタルに力を入れるのか。さらに、日本の伝統文化や美意識を発信する店舗をアジアで展開するなど、クールジャパンの海外展開にも積極的に取り組んでいる。大西洋社長が戦略の本質を語る。

三越伊勢丹ホールディングス 代表取締役社長執行役員 大西 洋氏

  • 三越伊勢丹ホールディングス
  • 代表取締役社長執行役員
  • 大西 洋氏

1979年、伊勢丹に入社。以来、紳士部門を歩み、2003年の新宿本店メンズ館立ち上げ時には、担当部長として陣頭指揮を執る。その後、伊勢丹立川店長、三越MD統括部長を歴任し、2009年に伊勢丹社長執行役員、2012年には三越伊勢丹ホールディングス社長執行役員に就任。 “人を大切にする経営”をポリシーとし、従業員への適正な評価をはじめ、人事制度改革に着手、現場感覚を最も尊重し、一つひとつ取組みを進めている。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-15A1

11月11日(金)15:30~16:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

「見える」で世界にイノベーションを。

寝ている間に装用することで視力を矯正し、日中は裸眼で過ごすことができる「オルソケラトロジーレンズ」や、あらゆる屈折障害の改善が期待される、度数を持たない「ピンホールコンタクトレンズ」など、わたしたちユニバーサルビューの革新的な取り組みをご紹介させていただきます。

ユニバーサルビュー 代表取締役社長 鈴木 太郎氏

  • ユニバーサルビュー
  • 代表取締役社長
  • 鈴木 太郎氏

1992年、慶応義塾大学を卒業後、三菱商事株式会社に入社。2001年に同社を退職し、医療機器輸入販売会社を設立。2006年ユニバーサルビューに参画し、オルソケラトロジーレンズの開発や資金調達、事業インキュベーションに従事。同年、当社・代表取締役社長に就任し、現在に至る。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-18B2

11月11日(金)18:00~19:00

  • B1FホールB-2
  • 無料

日経トレンディ 2016年ヒット商品ベスト30表彰式
~受賞企業が語るヒットの秘訣

日経トレンディが毎年発表する「ヒット商品ベスト30」。TREND EXPOの会場では、上位にランクインした企業のキーマンを招いて、表彰式を開催する。加えて、受賞企業がヒットの秘訣を自ら語る記念講演も実施。2016年の最新事例からビジネスのヒントを得る絶好の機会となるはず。

【受賞企業の登壇者】
ナイアンティック アジア統括マーケティングマネージャー 須賀 健人氏
ポケモン Pokemon GO 推進室 室長 江上 周作氏
東宝 映像事業部 映像企画室長 「君の名は。」エグゼクティブプロデューサー 古澤 佳寛氏
ロッテ 取締役副社長 CMO 河合 克美氏

【登壇者】
日経トレンディ 編集長 伊藤 健


【受賞企業の登壇者】
ナイアンティック アジア統括マーケティングマネージャー 須賀 健人氏
ポケモン Pokemon GO 推進室 室長 江上 周作氏
東宝 映像事業部 映像企画室長 「君の名は。」エグゼクティブプロデューサー 古澤 佳寛氏
ロッテ 取締役副社長 CMO 河合 克美氏

【登壇者】
日経トレンディ 編集長 伊藤 健

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-16B1

11月11日(金)16:30~17:20

  • B1FホールB1
  • 無料

「つながる」の、その先へ。“IoT 2.0”の幕が上がる!

あらゆる機器がネットにつながるIoT時代。我々はすでに、その只中に足を踏み入れている。しかし、これから到来する「第2波」のインパクトは、単なる「ネット社会」という言葉では到底言い表せるものではなく、我々に家電や通信、さらにはネットそのものの価値の再定義を迫ることになる。クラウド連係、AIとの融合、そして通信インフラの再構築。これら3つの視点から、来るべき「IoT 2.0」の全貌を明らかにする。

ヤフー 執行役員 CMO(チーフ・モバイル・オフィサー) 村上 臣氏
NTTドコモ R&Dイノベーション本部 移動機開発部長 徳弘 徳人氏
シャープ IoT通信事業本部 IoTクラウド事業推進センター所長 白石 奈緒樹氏

【コーディネーター】
ジャーナリスト 佐野 正弘氏

  • ヤフー
  • 執行役員 CMO(チーフ・モバイル・オフィサー)
  • 村上 臣氏

2000年8月に企業合併に伴いヤフーに入社し、「Yahoo!モバイル」の開発に従事。ソフトバンクによるVodafone Japan買収に伴い「Yahoo!ケータイ」サービスやフィーチャーフォン端末の開発なども担当。インターネットと携帯通信事業の双方に関わりながら、近年はY!mobile事業の立ち上げ、IoTサービス「myThings」や自社のアプリ戦略の推進に注力している。

  • NTTドコモ
  • R&Dイノベーション本部 移動機開発部長
  • 徳弘 徳人氏

87年にNTT(日本電信電話)入社、92年にNTT移動通信網(現NTTドコモ)へ。プロダクト部担当部長、移動機開発部担当部長をはじめ、移動機通信ソフト開発、移動機通信プラットフォーム開発などを歴任。15年より移動機開発部長(現職)。

  • シャープ
  • IoT通信事業本部 IoTクラウド事業推進センター所長
  • 白石 奈緒樹氏

携帯情報端末(PDA)「Zaurus」のOS設計や、シャープの初代アンドロイドスマートフォン開発など、数多くの携帯端末の企画開発に携わる。現在はIoT事業部門の責任者として、クラウド対応家電の創出、クラウドサービスの拡大を推進する。

  • 【コーディネーター】
  • ジャーナリスト
  • 佐野 正弘氏

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か

11/12 開催セミナー

K-29B1

11月12日(土)09:45~10:30

  • B1FホールB
  • 無料

リアル・ワールド・ゲームのインパクト~『ポケモンGO』や『イングレス』は、ビジネス、社会にどのような影響力があるのか

世界中で広く遊ばれ、これまでのゲームアプリの記録を次々に塗り替えた『ポケモンGO』。その開発元である株式会社ナイアンティック代表取締役社長の村井説人氏が、同社のフィロソフィーがどのように形作られ、『イングレス』、ポケモンGOの開発へとつながってきたのか、そして、何を目指しているのか──新たなゲーム分野「リアル・ワールド・ゲーム」の境地を開いてきた同社のミッションと今後のビジョンについて語る。

株式会社ナイアンティック 代表取締役社長 村井 説人氏

  • 株式会社ナイアンティック
  • 代表取締役社長
  • 村井 説人氏

Google マップのパートナーシップ日本統括部長を経て、2015年12月に株式会社ナイアンティック 代表取締役社長に就任。ナイアンティック初の現地法人の代表取締役として、日本市場における事業開発ならびにリアル・ワールド・ゲームの普及に努めている。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-2041

11月12日(土)10:00~11:00

  • 4FRoom1-4
  • 無料

お笑いトリオ・グランジもビックリ! デジタル時代の女性の価値基準を決めるシンデレラ・テクノロジーとは?

多くの男性は女性の価値基準が分からない――、例えば「若い女の子はどうしてプリクラや加工アプリで自分の写真を“盛る”のか?」に即答できる男性はいないだろう。そんな疑問を、シンデレラ・テクノロジーの提唱者である久保友香氏が明解にひも解く。SNSや写真加工アプリなどを活用した“理想のアイデンティティを作るための先端的なビジュアルコミュニケーション技術”であるシンデレラ・テクノロジーについて、お笑いトリオ・グランジと一緒に学ぶ1時間。女性向けマーケティングに生かせる知識が得られる絶好の機会となるはずだ。

東京大学大学院 情報理工学系研究科 特任研究員 久保 友香氏
お笑いトリオ・グランジ

写真/森弘克彦

  • 東京大学大学院
  • 情報理工学系研究科 特任研究員
  • 久保 友香氏

2000年、慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科卒業。2006年、東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了。博士(環境学)。東京大学先端科学技術研究センター特任助教、東京工科大学メディア学部講師などを経て、2014年より現職。専門はメディア環境学。

  • お笑いトリオ・グランジ

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-2045

11月12日(土)10:00~11:00

  • 4FRoom5-6
  • 無料

一刀両断! この冬注目のデジタル新製品

辛口レビューで業界を騒然とさせている日経PC21の人気コラム「買うか買わぬか思案中」。その著者のビジネス書作家戸田覚氏が、この冬注目のデジタル製品の○と×を徹底解説します。「iPhone 7」「Windows 10アニバーサリーアップデート」「2イン1パソコン」「SIMフリースマホ」など、2016年に話題を集めた新製品をまとめて一刀両断。記事には書けなかった裏話もお教えします。

ビジネス書作家(アバンギャルド 代表取締役) 戸田 覚氏

  • ビジネス書作家(アバンギャルド 代表取締役)
  • 戸田 覚氏

ビジネス書作家として、キャリア25年以上。著書累計150冊超で「あのヒット商品のナマ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)など著書多数。テレビ、ラジオ出演、講演なども多数行っている。また、IT系、ビジネス系を中心に連載を月間40本以上こなしている。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-20A1

11月12日(土)10:30~11:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

楽しむ“農”を生活の中に 〜東京の新ライフスタイルの提案〜

東京都が推進する新事業分野創出プロジェクト「東京ライフスタイル農業」を紹介。東京の空きスペースを活用し、都民が生活の一部として野菜や花を育てる文化を醸成する。ここに集まる人々を対象としたビジネスを、様々な企業を集めて創出するプロジェクト。

日経BPクリーンテック研究所 所長 河井 保博

  • 日経BPクリーンテック研究所
  • 所長 河井 保博

日経コミュニケーション、日経コンピュータなどの記者、副編集長を経て、2010年に日経コミュニケーション編集長。2013年、日経BPクリーンテック研究所上席研究員。社会イノベーションをテーマに調査研究活動を進める。2016年、日経BPクリーンテック研究所所長。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
K-21B1

11月12日(土)11:00~11:45

  • B1F ホールB
  • 無料

【基調講演】エンタテインメント業界の未来~人は何に感動するのか~

AKBグループや坂道シリーズの総合プロデューサー、 秋元康氏が登壇!

AKBグループや坂道シリーズの総合プロデューサーとして、常に新しいムーブメントや周辺事業も含めた大きなヒットを生み出してきた秋元康氏。その発想や行動の源はどこにあるのか。SNSの普及や技術革新、グローバル化によって、大きく変わろうとしているエンタテインメント業界の未来を、秋元氏はどう見ており、どこに新たなヒットの芽があるのか。「人は何に感動するのか」の視点から、業界の今と未来を語っていただきます。

作詞家 秋元 康氏

  • 作詞家
  • 秋元 康氏

あきもと・やすし 1958年5月2日生まれ。高校時代から放送作家として活動。1983年以降に作詞家として、美空ひばりの『川の流れのように』をはじめ、多数のヒット曲を生み出す。テレビ番組の企画構成、映画の企画・原作など多岐にわたり活躍。AKB48グループや坂道シリーズで総合プロデューサーを務める。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-21A1

11月12日(土)11:30~12:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

IoTx電力 〜 ハーバードMBAを経て電力事業の新領域を切り開く 〜

この夏から、NatureはエアコンのIoTプロダクト「Nature Remo」のクラウドファンディングキャンペーンを日米で実施し、現時点で1700万円近くを調達。しかし、Natureの本当の狙いはIoTのハードウェアの機器売りではなく、その先に描く電力事業であった。ここでは、Natureの挑戦とその先に目指す世界について紹介、解説する。

Nature Founder 兼 CEO 塩出 晴海氏

  • Nature
  • Founder 兼 CEO
  • 塩出 晴海氏

2008年スウェーデン王立工科大学にて情報工学の修士課程を修了後、2014年迄三井物産にて東南アジアの電力事業開発に従事。2016年5月ハーバード・ビジネス・スクールにてMBA課程を修了。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-2141

11月12日(土)11:45〜12:20

  • 4FRoom1-4
  • 無料

【抽選制】大人気の女優でタレントの松井玲奈が、今オススメのマンガを語る!

日本が誇れる文化産業としてマンガ。その市場規模は国内だけで4,500億円と言われています。マンガなどの最新情報を提供するテレビ番組『アニマゲー』(MBSテレビ)でMCを担当している松井玲奈さん。番組を見たことがある方なら、彼女が筋金入りのマンガ好きであることを確信しているはず。本セッションでは、そんな松井さんに「マンガ愛」を大いに語ってもらいます。そしてファンならずとも気になる、彼女が現在オススメするマンガ作品も一挙に紹介します。

女優・タレント 松井 玲奈氏

【聞き手】
フリーアナウンサー 久野 知美氏

  • 女優・タレント
  • 松井 玲奈氏

  • 【聞き手】
  • フリーアナウンサー 久野 知美氏

このセッションは抽選制になります <抽選申込締切:11/8(火)>
  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-2145

11月12日(土)12:00~15:00

  • 4FRoom5-6
  • 無料

コラーゲンペプチド シンポジウム2016
(TREND EXPO TOKYO2016 併催イベント)
<健康長寿社会>の実現に貢献する、コラーゲンペプチドの新たな可能性

主催:日本ゼラチン・コラーゲン工業組合
協力:日経BPヒット総合研究所

様々な食品や飲料、化粧品に幅広く配合され手軽に摂取できるようになったコラーゲンペプチド。素肌美をつくる機能性素材として日本からアジアへと広がりを見せているが、最近の研究では、美肌だけでなく、ひざ、関節、毛髪などにも作用することが明らかになっている。健康とアンチエイジング素材として男性も注目したいところ。最新の研究成果に基づき、コラーゲンペプチドの新しい可能性について分かりやすく解説する。
※本シンポジウムは、参加者にお弁当を提供。ランチョン形式のシンポジウムとなります。

●講演
東京農工大学 農学部 附属 硬蛋白質利用研究施設 教授 野村 義宏氏
藤田保健衛生大学 医学部 応用細胞再生医学講座 教授 赤松 浩彦氏
城西大学 薬学部 医療栄養学科(管理栄養士養成課程) 教授 真野 博氏 

●パネルトーク
【パネリスト】
東京農工大学 農学部 附属 硬蛋白質利用研究施設 教授 野村 義宏氏
藤田保健衛生大学 医学部 応用細胞再生医学講座 教授 赤松 浩彦氏
城西大学 薬学部 医療栄養学科(管理栄養士養成課程) 教授 真野 博氏
エッセイスト・コメンテーター 南 美希子氏

【ファシリテーター】
日経BPヒット総合研究所 主席研究員 西沢 邦浩

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:日本ゼラチン・コラーゲン工業組合



●講演
  • 「健康と若さの鍵、コラーゲンペプチド研究の最前線」
  • 東京農工大学 農学部 附属 硬蛋白質利用研究施設
  • 教授
  • 野村 義宏氏

1962年生まれ。1990年、東京農工大学連合農学研究科博士課程修了。同大学農学部附属硬蛋白質利用研究施設皮革研究部門助手・准教授を経て、2013年より現職。コラーゲンを始めとする硬タンパク質、および関連した生体分子の生物学的機能の解析とその利用についての研究に従事。ファンクショナルフード学会副会長、ヒアルロン酸機能性研究会副会長。日本テレビ「世界一受けたい授業」<骨・髪・肌・筋肉の老化を遅らせる!?~解明されたコラーゲンの新事実>(2011年11月26日放送)などメディアにも出演多数。著書に「コラーゲンの用途開発の現状」(化学経済)、「コラーゲンせんい」(シーエムシー出版)などがある。

  • 「コラーゲン摂取でいつまでも健康で若々しい体を!」
  • 藤田保健衛生大学 医学部 応用細胞再生医学講座
  • 教授
  • 赤松 浩彦氏

1960年生まれ。医学博士、皮膚科専門医。1991年、関西医科大学大学院医学研究科博士課程修了。同大学皮膚科学教室助手、藤田保健衛生大学医学部皮膚科学講座助教授を経て、2008年より現職。長年、ニキビ治療や皮膚幹細胞の研究に注力。皮膚科医の立場からコラーゲン摂取によるヒト試験の機能性評価に協力。日本皮膚科学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会などに所属。日本テレビ「世界一受けたい授業」<肌のポツポツは梅雨に増える!肌トラブルの改善法教えます!>(2016年6月放映)などメディアにも多数出演。著書に「スキルアップ!ニキビ治療実践マニュアル」(全日本病院出版会)などがある。

  • 「かくれ老化対策として注目集めるコラーゲンペプチド」
  • 城西大学 薬学部 医療栄養学科(管理栄養士養成課程)
  • 教授
  • 真野 博氏

1966年生まれ。1994年、東京農業大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士後期課程修了。同大学応用生物科学部バイオサイエンス学科講師、城西大学薬学部医療栄養学科准教授を経て、2010年より現職。日本栄養食糧学会、日本アミノ酸学会、日本骨代謝学会などに所属。食品機能学の専門家として、コラーゲンペプチドの機能性に着目し、ロコモ(骨や軟骨の病気)の予防法・治療法の開発を目指して研究を行う。「脱かくれ老化プロジェクト」実行委員会にも参画。消費者向け健康セミナー、メディアにも多数出演。著書に「コラーゲン完全バイブル」(幻冬舎)などがある。



●パネルトーク
【パネリスト】
  • 東京農工大学 農学部 附属 硬蛋白質利用研究施設
  • 教授
  • 野村 義宏氏

1962年生まれ。1990年、東京農工大学連合農学研究科博士課程修了。同大学農学部附属硬蛋白質利用研究施設皮革研究部門助手・准教授を経て、2013年より現職。コラーゲンを始めとする硬タンパク質、および関連した生体分子の生物学的機能の解析とその利用についての研究に従事。ファンクショナルフード学会副会長、ヒアルロン酸機能性研究会副会長。日本テレビ「世界一受けたい授業」<骨・髪・肌・筋肉の老化を遅らせる!?~解明されたコラーゲンの新事実>(2011年11月26日放送)などメディアにも出演多数。著書に「コラーゲンの用途開発の現状」(化学経済)、「コラーゲンせんい」(シーエムシー出版)などがある。

  • 藤田保健衛生大学 医学部 応用細胞再生医学講座
  • 教授
  • 赤松 浩彦氏

1960年生まれ。医学博士、皮膚科専門医。1991年、関西医科大学大学院医学研究科博士課程修了。同大学皮膚科学教室助手、藤田保健衛生大学医学部皮膚科学講座助教授を経て、2008年より現職。長年、ニキビ治療や皮膚幹細胞の研究に注力。皮膚科医の立場からコラーゲン摂取によるヒト試験の機能性評価に協力。日本皮膚科学会、日本再生医療学会、日本抗加齢医学会などに所属。日本テレビ「世界一受けたい授業」<肌のポツポツは梅雨に増える!肌トラブルの改善法教えます!>(2016年6月放映)などメディアにも多数出演。著書に「スキルアップ!ニキビ治療実践マニュアル」(全日本病院出版会)などがある。

  • 城西大学 薬学部 医療栄養学科(管理栄養士養成課程)
  • 教授
  • 真野 博氏

1966年生まれ。1994年、東京農業大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士後期課程修了。同大学応用生物科学部バイオサイエンス学科講師、城西大学薬学部医療栄養学科准教授を経て、2010年より現職。日本栄養食糧学会、日本アミノ酸学会、日本骨代謝学会などに所属。食品機能学の専門家として、コラーゲンペプチドの機能性に着目し、ロコモ(骨や軟骨の病気)の予防法・治療法の開発を目指して研究を行う。「脱かくれ老化プロジェクト」実行委員会にも参画。消費者向け健康セミナー、メディアにも多数出演。著書に「コラーゲン完全バイブル」(幻冬舎)などがある。

  • エッセイスト、コメンテーター
  • 南 美希子 氏

聖心女子大学3年在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格し、1977年に同社入社。元祖・女子アナとして、情報番組・クイズ番組・歌番組などで活躍後、1986年に独立。以来、キャスター、エッセイストとして様々なメディアで活動の場を広げる。近年では、日本抗加齢医学会や抗加齢協会における市民講座の司会やパネリストも務める。健康美容コミュニケーターや睡眠指導士の資格を持ち、その豊富な知識を仕事や生活に活かすなど、アンチエイジングや美容に関するコメントには定評がある。TBS「白熱ライブ・ビビット」木曜日コメンテーター。



【ファシリテーター】
  • 日経BP社 日経BPヒット総合研究所 主席研究員
  • 西沢 邦浩

早稲田大学卒業後、小学館を経て1991年日経BP社入社。「日経ヘルス」「日経ヘルス プルミエ」編集長を歴任し、「デトックス」、「ベジタブル・ファースト」、「大麦」など、数々の健康トレンドを仕掛ける。2013年より現職。ジャーナリスト、編集者としての仕事以外に、医療・健康美容分野における新商品および情報開発に関わるコンサルティングに従事するほか、同分野の学会、セミナー、イベントでの演者・司会、メディアへの出演、大学での講義など幅広い活動を行う。


※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:日本ゼラチン・コラーゲン工業組合

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-22B1

11月12日(土)12:15~12:55

  • B1FホールB
  • 無料

【ランチ付】新発想! 充電を気にしない「電気自動車の新しいカタチ」の秘密

新型ノートに搭載した新世代の電動パワートレインe-POWERについて解説する。e-POWERは電気自動車のすぐれた走行感覚を実現した全く新しいシステムで、エンジンで発電した電気で走る100%モーター駆動車である。卓越した走行性能、新感覚の運転操作、優れた燃費性能など、その特長と仕組みを、開発の裏側も交えて紹介する。

※本講演はランチ付きのセッションとなります。

日産自動車 Nissan第一製品開発部 第一プロジェクト統括グループ チーフビークルエンジニア 小宮 哲氏
日産自動車 EV・HEVシステム開発部 EV・HEVシステム開発グループ 次長 羽二生 倫之氏

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。 協賛企業:日産自動車

  • 日産自動車
  • Nissan第一製品開発部 第一プロジェクト統括グループ チーフビークルエンジニア
  • 小宮 哲氏

1965年横浜市生まれ。1991年日産自動車(株)に入社し、開発部門、主に上屋設計に従事。2002年からNissan Tecnnical Center,North AmericaやEuropeにてグローバル開発の一翼を担ってきた。現在、第一車両開発部にてNOTEをはじめとするコンパクトカーの開発責任者を務め、商品競争力向上を推進している。

  • 日産自動車
  • EV・HEVシステム開発部 EV・HEVシステム開発グループ 次長
  • 羽二生 倫之氏

1972年新潟生まれ。2001年日産自動車㈱に入社し、電動駆動システム開発に従事。 総合研究所にて電動駆動基礎技術を開発。Nissan Tecnnical CenterではLEAF、e-NV200等のEVシステムを開発。現在はEV・HEVシステム開発責任者として、新世代電動パワートレインe-POWERや、EV、hybridでの電動化をリードしている。


※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。 協賛企業:日産自動車

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-22A1

11月12日(土)12:30~13:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

「見える」で世界にイノベーションを。

寝ている間に装用することで視力を矯正し、日中は裸眼で過ごすことができる「オルソケラトロジーレンズ」や、あらゆる屈折障害の改善が期待される、度数を持たない「ピンホールコンタクトレンズ」など、わたしたちユニバーサルビューの革新的な取り組みをご紹介させていただきます。

ユニバーサルビュー 代表取締役社長 鈴木 太郎氏

  • ユニバーサルビュー
  • 代表取締役社長
  • 鈴木 太郎氏

1992年、慶応義塾大学を卒業後、三菱商事株式会社に入社。2001年に同社を退職し、医療機器輸入販売会社を設立。2006年ユニバーサルビューに参画し、オルソケラトロジーレンズの開発や資金調達、事業インキュベーションに従事。同年、当社・代表取締役社長に就任し、現在に至る。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-2241

11月12日(土)12:40~13:40

  • 4FRoom1-4
  • 無料

eスポーツ元年! ゲームがメジャースポーツになる期待と課題

コンピューターゲームの対戦をスポーツ競技と同じように楽しむ「eスポーツ(e-Sports)」。海外では高額賞金を懸けた世界大会が数多く行われ、プロゲーマーも次々と生まれている。コンピューターゲームの先進国である日本でも今年複数の大会が開催され、Jリーグチームである「東京ヴェルディ1969」がeスポーツ部門を立ち上げるなど、体制が整いつつある。eスポーツがメジャースポーツになるために何が必要なのか、キーパーソンに展望を聞く。

CyberZ 取締役メディア事業管轄 大友 真吾氏
東京アニメ・声優専門学校講師、 一般社団法人日本eスポーツ協会理事 馬場 章氏
東京ヴェルディ1969フットボールクラブ パートナー営業部 パートナー営業グループ 兼 ファンデベロップメント部 ホームタウングループ 森 太郎氏

  • CyberZ 
  • 取締役メディア事業管轄
  • 大友 真吾氏

1984年生まれ。中央大学卒。2007年サイバーエージェントに入社し、同社インターネット広告事業本部マネージャーを経て、09年サイバーエージェントグループでスマートフォンに特化した事業を展開するCyberZの取締役営業担当に就任。12年にメディア事業管轄となり、14年、スマホゲームプレイ動画共有サービス「OPENREC」の提供を開始する。eスポーツ市場の活性化を狙い、15年12月から複数のゲームタイトルを採用し、年間を通して大会の運営を行うeスポーツイベント「RAGE」を展開している。

  • 東京アニメ・声優専門学校講師、
  • 一般社団法人日本eスポーツ協会理事
  • 馬場 章氏

1958年茨城県生まれ。東京大学大学院教授時代に科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業「オンラインゲームの教育目的利用のための研究」を推進し、わが国のデジタルゲーム研究の第一人者として海外でも知られる。世界のeスポーツ大会を数多く視察、現在はeスポーツ振興と選手育成に取り組む。日本デジタルゲーム学会初代会長、NHK日本賞審査委員、経済産業省ゲーム産業戦略委員会座長など歴任。メディア登場多数。

  • 東京ヴェルディ1969フットボールクラブ
  • パートナー営業部 パートナー営業グループ 兼
  • ファンデベロップメント部 ホームタウングループ
  • 森 太郎氏

1984 年生まれ 兵庫県出身。大阪府私立大阪星光学院高校・早稲田大学商学部 卒業。大学卒業後は、総合 PR 会社ベクトルグループ・株式会社アンティルに入社。大手家電メーカーや製薬メーカー、音楽系 SNS、スポーツイベントなど幅広いジャンルの PR 業務に関わる。 2012 年には株式会社西武ライオンズに入社。ファンクラブ・グッズなどの事業関係の PR 業務を中心に、スポーツビジネスの現場でのキャリアをスタート。 2013 年 からは和歌山トライアンズ、その後は西宮ストークスと、プロバスケットボールチームにて広報・プロモーションに限らず、事業面全般に携わる。2016 年より現職。東京ヴェルディでは野球・バスケと別競技やプロモーション分野での経験を活かし、パートナーセールスとホームタウン活動に従事。また日本のプロスポーツチームとして初めて参入したeスポーツ部門の立ち上げにも関わる。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-2349

11月12日(土)13:00~14:00

  • 4FRoom9
  • 無料

日経エンタテインメント!Presents注目の海外ドラマ試写会
「シカゴ・ファイア」

命をかけて災害・事故に挑む、熱き男たちを描くレスキューアクション

シカゴ消防局51分署に所属する消防隊員と救命士たちが、命がけで職務に立ち向かう姿を描くレスキューアクション。リアルな人命救助シーンと、消防士たちのプロフェッショナルな姿が感動を呼ぶ。『ER 緊急救命室』などに通じるチームドラマとしての魅力が満載。米国では本作の大ヒットを受けて、『Chicago P.D.』(警察)、『Chicago Med』(医療)、『Chicago Justice』(法廷)とシリーズが次々に製作されている。その起点となる本作第1話を今回上映。上映後には、豪華賞品が当たる「お楽しみ抽選会」を実施します。

NBCユニバーサル・エンターテイメント (c)2012 NBC Studios. All Rights Reserved.

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-2449

11月12日(土)14:10~15:10

  • 4FRoom1-4
  • 無料

拡大続く、「プログラミング教育」市場――今、なにが起きているのか

今、小学生、中高生、そして社会人向けのプログラミング・スクールが続々と誕生し、大勢の受講生を集めている。なかには、対前年比2~3倍と急成長しているスクールもある。それは、読み・書き・そろばん・英会話と同様に、新しい時代を生き抜くための“必須スキル”として、プログラミングの知識や技能が求められているために他ならない。現場では何を教え、生徒はどんな技術を身に付けるのか。プログラミング教育界の若きトップランナー3人に現状そして近未来の展望を聞く。

CA Tech Kids 代表取締役社長 上野 朝大氏
ライフイズテック 代表取締役CEO 水野 雄介氏
コードキャンプ 代表取締役 池田 洋宣氏

【コーディネーター】
エンジニア/著述家、Project Vine 副代表 松林 弘治氏

  • CA Tech Kids
  • 代表取締役社長
  • 上野 朝大氏

1987年、大阪府生まれ。立命館大学国際関係学部卒業。2010年、株式会社サイバーエージェント入社。アカウントプランナー、新規事業担当プロデューサーなどを務めたのち、2013年5月サイバーエージェントグループの子会社として株式会社CA Tech Kidsを設立し代表取締役社長に就任。文部科学省「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」委員。2016年4月 政府閣僚と経済界経済界代表との意見交換会合「第5回未来投資に向けた官民対話」に出席。

  • ライフイズテック
  • 代表取締役CEO
  • 水野 雄介氏

1982年、北海道生まれ。慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業、同大学院修了。大学院在学中に、開成高等学校の物理非常勤講師を2年間務める。その後、人材コンサルティング会社を経て、2010年、 ライフイズテック株式会社を設立。2011年にスタートした約1万5000人の中学生・高校生が参加する国内最大級のIT教育プログラム「Life is Tech !(ライフイズテック)」やオンラインプログラミング教育サービス「MOZER(マザー)」を運営。Google RISE AwardsやEdTechXEuropeグロース部門を受賞。

  • コードキャンプ
  • 代表取締役
  • 池田 洋宣氏

1985年、石川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2009年、株式会社サイバードに入社。WEBディレクターとして、モバイルサイトの企画やモバイル広告の制作を担当。その後、株式会社ビジネス・ブレークスルーにて、日本で2例目となるオンライン大学の広報・マーケティング業務を担当。2012年株式会社トライブユニブを創業し、2013年現役エンジニアによるマンツーマン型のオンラインプログラミング学習サービス「CodeCamp」を提供。2015年コードキャンプ株式会社に社名変更。2016年「CodeCamp」受講生1万人突破。

  • 【コーディネーター】
  • エンジニア/著述家、Project Vine 副代表
  • 松林 弘治氏

1970年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程中退。龍谷大学理工学部助手、レッドハットを経て、ヴァインカーブにてコンサルティング、カスタムシステムの開発・構築、オープンソースに関する研究開発、書籍・原稿の執筆などを行う。2014年からフリー。Vine Linuxの開発団体Project Vine副代表。ボランティアで写真アプリ「インスタグラム」の日本語化に貢献。2015年に「子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい」(KADOKAWA/メディアファクトリー)を出版。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-24B1

11月12日(土)14:15~14:45

  • B1FホールB-1
  • 無料

【抽選制】松岡茉優さんと語る「2017年型ヒロインの条件」

NHK連続テレビ小説の人気、少女マンガ原作映画の相次ぐヒットなどにより、こうした作品に出演している10代~20代前半の若手女優が徐々に知名度と人気を上げている。ドラマ・映画のヒロイン交代がさらに加速しそうな2017年、その中でも活躍しそうな女優はどんなタイプなのか? ゲストにNHK大河ドラマ『真田丸』などで活躍中の女優・松岡茉優さんを迎え、現場での体験などを伺いながら、今のエンタテインメント界で求められる女優の条件について考える。

【ゲスト】 
女優・松岡 茉優氏

【コーディネーター】
日経エンタテインメント! 編集長 山本 伸夫 

  • 【ゲスト】 
  • 女優・松岡 茉優氏
  • 【コーディネーター】
  • 日経エンタテインメント! 編集長 山本 伸夫

このセッションは抽選制になります <抽選申込締切:11/8(火)>
  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-2449

11月12日(土)14:15~15:15

  • 4FRoom9
  • 無料

日経エンタテインメント!Presents注目の海外ドラマ試写会
「ZOO-暴走地区-」

突然変異で凶暴化した猛獣たちと人間の壮絶な戦いを描くパニック大作

アフリカ・ボツワナと米国・ロサンゼルスで、ライオンが突然人間を襲う事件が発生。様々な動物が人間を襲う異常事態が、世界各地に拡大する。事件に巻き込まれた5人は、背後に巨大バイオ企業の陰謀を疑いながら原因の究明に乗り出し、凶暴化した動物たちに戦いを挑む。『ウォーキング・デッド』『ザ・ラストシップ』など大量感染による人類存亡の世紀末ドラマが大人気だが、そこに動物の感染という新ジャンルが登場。壮絶な戦いの衝撃映像は迫力満点だ。上映後には、豪華賞品が当たる「お楽しみ抽選会」を実施します。

NBCユニバーサル・エンターテイメント TM & (C) 2016 CBS Studios Inc. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-24B2

11月12日(土)14:15~14:55

  • B1FホールB-2
  • 無料

VRが開くコンテンツの未来~超体感ゲームとその先~

「PlayStationVR」など家庭用VR機器の登場により、“VR”はついに身近なものとなった。新機軸のゲームが続々発売され、VR元年と言える盛り上がりぶり。映像・音楽業界や学習分野など、幅広いジャンルへも波及し始めている。だが、「単に360度を見渡せるだけではすぐに飽きられる」いった声も少なくない。VRが定着するために必要な“キラーコンテンツ”は何か。ゲーム機、スマホ、テレビ……各業界の最前線で活躍する3人が議論する。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント グローバル商品企画部 担当課長  高橋 泰生氏
コロプラ Kuma the Bear開発本部  VRコンテンツ開発グループマネージャー 小林 傑氏
フジテレビジョン ニュースプロジェクトリーダー(ホウドウキョク戦略チーフ)  清水 俊宏氏

【コーディネーター】
リブゼント・イノベーションズ 代表取締役社長  橋本 善久氏

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • グローバル商品企画部
  • 担当課長
  • 高橋 泰生氏

1999年ソニー入社。2010年よりソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)に移り、PlayStationプラットフォーム全般の商品企画を担当する。16年10月13日発売のバーチャルリアリティシステム「PlayStationVR」は、初期検討段階より参画し、商品化に向け中心的役割を担う。

  • コロプラ
  • Kuma the Bear開発本部 
  • VRコンテンツ開発グループマネージャー
  • 小林 傑氏

大学卒業後、2012年に入社。複数のスマートフォン向けカジュアルゲームの開発担当を経て、プロジェクトマネージャーとして「ほしの島のにゃんこ」の開発・運営に携わる。2014年よりVRコンテンツ開発に携わり、現在はVRコンテンツ開発グループのマネージャーとして日々研究や新しいコンテンツ開発に励んでいる。

  • フジテレビジョン
  • ニュースプロジェクトリーダー(ホウドウキョク戦略チーフ) 
  • 清水 俊宏氏

ニュースサイト『ホウドウキョク』(houdoukyoku.jp)や『VR報道コンテンツ』など、ニュースメディア戦略を担当。2002年フジテレビに入社し、政治部で小泉首相番や国会担当など。その後、新報道2001ディレクター、選挙特番の総合演出(13年参院選・14年衆院選)、ニュースJAPANプロデューサーとして番組制作を手掛ける。NewsPicksプロピッカー、ハフィントンポストブロガーとしても活動。趣味は海外放浪旅。

  • 【コーディネーター】
  • リブゼント・イノベーションズ
  • 代表取締役社長 
  • 橋本 善久氏

1973年愛知県生まれ。東京大学工学部卒業後、セガで技術ディレクターやゲームディレクター、スクウェア・エニックスでCTOなどを務める。2014年より独立し、リブゼント・イノベーションズを設立。「仕事に活気を、生活に潤いを。」をテーマにテクノロジーを活用した人々の日常のささやかな幸せ作りに貢献する会社作りを目指す。 ライフイズテック取締役CTO、INEI執行役員、アカツキ応援団、GREE VR Studio技術顧問、他を兼務。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-24A1

11月12日(土)14:30~15:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

ユーザに合わせてサプリメントを自動で組み合わせて提供する「healthServer」

ドリコス株式会社の概要の説明(代表について、社名の由来、これまでの会社の道のり、事業ビジョン、事業運営体制など)の後、弊社製品「healthServer」に関する概要(製品開発に至った背景、製品コンセプト、今後について)を説明させていただきます。

ドリコス 取締役副社長 大久保 直樹氏

  • ドリコス
  • 取締役副社長
  • 大久保 直樹氏

大学卒業後、大手製薬メーカにて主に医薬品を担当するMRとして従事。2006年4月に慶應義塾大学SIVアントレプレナーシップラボラトリーへ入所。起業 支援の道へ。2007年4月より株式会社MMインキュベーションパートナーズの管理部長。2013年よりドリコスに参画し、2016年4月より取締役副社長。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-25B1

11月12日(土)15:15~15:55

  • B1F ホールB-1
  • 無料

新海誠監督の登壇が決定!
日経エンタテインメント!「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2016」表彰式

エンタテインメント界で最も大きなムーブメントを起こしたクリエイターを表彰する日経エンタテインメント!のアワード「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー」が復活する。2016年のグランプリに、アニメーション映画『君の名は。』(2016年8月公開、東宝系)の監督を務めた新海誠氏を選出するとともに、その表彰式をTREND EXPO TOKYO 2016の会場で執り行う。表彰後は興行収入170億円を突破した『君の名は。』のヒットの舞台裏や海外での反響など、同作品の最新情報についてのトークセッションも開催する。

アニメーション監督 新海 誠氏

【コーディネーター】
日経エンタテインメント!  編集長 山本 伸夫 ほか

<注記>
※表彰式への申し込みには日経IDが必要です。取得していない方は、「日経ID ラウンジ」にアクセスしていただき、画面右上の「日経IDを取得(無料)」をクリックして、あらかじめ日経IDを取得しておくと申し込み作業がスムーズになります。

<取材の申し込み>
表彰式の取材の申し込みは、下記までお願いします。
キョードーメディアス:TEL 03-3407-8105(担当:雲林院[うんりいん]、佐藤、川島)
※直通の為、離席中は留守電になります

  • アニメーション監督
  • 新海 誠氏

1973年生まれ、長野県出身。2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。同作品は、新世紀東京国際アニメフェア21「公募部門優秀賞」をはじめ多数の賞を受賞。2004年公開の初の長編映画『雲のむこう、約束の場所』では、その年の名だたる大作をおさえ、第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。2007年公開の『秒速5センチメートル』で、アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアのフューチャーフィルム映画祭で「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞。2011年に全国公開された『星を追う子ども』では、これまでとは違う新たな作品世界を展開、第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞受賞。2012年、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状を受賞。2013年に公開された『言の葉の庭』では、自身最大のヒットを記録。ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞した。同年、信毎選賞受賞。次世代の監督として、国内外で高い評価と支持を受けている。(『君の名は。』公式サイトより)

<注記>
※表彰式への申し込みには日経IDが必要です。取得していない方は、「日経ID ラウンジ」にアクセスしていただき、画面右上の「日経IDを取得(無料)」をクリックして、あらかじめ日経IDを取得しておくと申し込み作業がスムーズになります。

<取材の申し込み>
表彰式の取材の申し込みは、下記までお願いします。
キョードーメディアス:TEL 03-3407-8105(担当:雲林院[うんりいん]、佐藤、川島)
※直通の為、離席中は留守電になります)

  • 【コーディネーター】
  • 日経エンタテインメント!  編集長
  • 山本 伸夫 ほか

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-25B2

11月12日(土) 15:15~15:55

  • B1F ホールB-2
  • 無料

健康体温「36.5度」になる生活術 ~睡眠不足・イライラが気になる方、必聴!

体温と免疫力は、切っても切れない関係に有り、体温は目に見える免疫力といっても過言ではありません。
顆粒球とリンパ球のバランスがとれた状態が健康体温36.5度です。
また、細胞のエネルギー生成過程で重要な働きをするミトコンドリアは、酸素の供給と深部体温約40度の環境が重要です。今回は、このような環境条件を作り出す「光電子R」に着目して、「光電子R」の持つ素晴らしい機能性についてお話をしたいと思います。

大阪府立大学名誉教授、(一社)生活健康学研究所理事長
清水 教永氏

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:ファーベスト

  • 大阪府立大学名誉教授、(一社)生活健康学研究所理事長
  • 清水 教永氏

滋賀県甲賀市生まれ、和歌山県立医科大学大学院研究科博士取得修了(公衆衛生学)、医学博士、現在は大阪府立大学名誉教授 客員教授であり、一般社団法人生活健康学研究所 理事長。専門分野は健康医科学、環境適応学、中医学。著書に「健康体温36.5度の生活術」「睡眠マネージメント」などがあります。 健康医科学や予防医学、睡眠マネージメントに関係する製品の研究開発を行っており、医療関係、被服、寝具、飲料水、化粧品など幅広く、健康・美容と睡眠に関わる製品の安全性と有用性の検証を行い、独創的な視点から新しい製品を生み出しています。


※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:ファーベスト

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-25A1

11月12日(土)15:30~16:00

  • B1FホールA オープンシアター
  • 無料

未来は石から生まれたLIMEXで素材革命を起こす
〜シェアリング・エコロジーを志向するベンチャーの挑戦〜 

××からつくられる?最近では環境に配慮した代替素材に注目が集まっている。今年カンブリア宮殿500回記念番組で特集されたTBMは、石灰石を主原料に紙やプラスチックの代わりとなる新素材『LIMEX(ライメックス)』を開発したベンチャーです。経済産業省の補助金を受けて2015年に第一工場が完成。2016年、シリコンバレーの新素材部門のイベント(Plug and Play)で1位を獲得し、名刺や印刷物等のLIMEX製品の販売を開始。素材ベンチャーが志向する近未来の展望をご紹介します。

TBM 執行役員(コーポーレート・コミュニケーション担当) 笹木 隆之氏

  • TBM 執行役員(コーポーレート・コミュニケーション担当)
  • 笹木 隆之氏

電通に入社後、経営者と企業のあらゆる事業活動をアイデアで活性化させる未来創造グループに所属。新規事業開発、店舗開発等のプロデュースを行う。2016年4月TBMに入社。慶應義塾大学SFC研究所 上席所員。著書に『自分ゴト化 社員の行動をブランディングする』(ファーストプレス)、『なぜ君たちは就活になるとみんな同じようなことばかりしゃべりだすのか』(宣伝会議)などがある。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-2549

11月12日(土)15:30~16:30

  • 4FRoom9
  • 無料

日経エンタテインメント!Presents注目の海外ドラマ試写会
「死霊のはらわた リターンズ」

サム・ライミ監督が生んだ伝説のホラー、悪霊退治のヒーローが復活

映画『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督のデビュー作で、伝説的なカルトホラー『死霊のはらわた』が、テレビシリーズとして30年ぶりに復活。サム・ライミが製作総指揮、主人公で悪霊退治のヒーロー、アッシュを再びブルース・キャンベルが演じる話題作。中年になったアッシュが、右手にチェーンソー、左手にショットガンで悪霊たちを倒しまくる、ブラックユーモア満載のホラーアクション。オリジナルを見ていなくても存分に楽しめる。上映後には、豪華賞品が当たる「お楽しみ抽選会」を実施します。

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン (C)2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-2541

11月12日(土)15:40~16:30

  • 4FRoom1-4
  • 無料

伝説のヒットメーカーが明かす! クラフトビールにみる次の食トレンド

発泡酒「淡麗」、缶チューハイ「氷結」、ノンアルコールビールテイスト飲料「キリンフリー」を生み出したヒットメーカーはクラフトビールの何に可能性を見出しているのか。キリンビールのクラフトビール会社「スプリングバレーブルワリー」の和田徹社長が明かす、これからの食トレンドに欠かせない4つのポイントとは?

スプリングバレーブルワリー  代表取締役社長 和田 徹氏

  • スプリングバレーブルワリー 
  • 代表取締役社長
  • 和田 徹氏

1961年、新潟生まれ。1985年に慶應義塾大学経済学部を卒業し、キリン・シーグラムに入社、ウイスキーやスピリッツなどの新商品開発や輸入ブランドのマーケティングに携わる。1997年よりキリンビール マーケティング部に移り、同社初の発泡酒「淡麗」を開発・導入。2000年に商品開発研究所リーダーに就任し、2001年にキリンのチューハイ事業参入商品となる「氷結」を手がける。2009年発売の「キリンフリー」開発も指揮。同年キリンディアジオ社に移り「ギネス」ブランドなどのディレクターを経て、2011年にキリンビール マーケティング部に再度復帰し、クラフトビール事業開発などを行う。2015年にスプリングバレーブルワリーの代表取締役社長に就任。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
C-26B2

11月12日(土)16:15~16:55

  • B1FホールB-2
  • 無料

ロキソニンS外用薬 Presents
「24時間マラソンの名コーチ 坂本雄次さんと考える 誰でも出来るトレーニング法とアフターケア」

健康維持の為に始めたランニングやマラソンが、長く続かなかった経験はありませんか?24時間マラソンで、多くの有名人を完走させて来たコーチングや、各地のマラソン大会のプロデュースをされている坂本雄次さんに、初心者でもフルマラソンを目指せるトレーニング方法と、継続する為のアフターケアを伺います。

茅ケ崎市生まれ ランニングプロデューサー 坂本 雄次氏
第一三共ヘルスケア マーケティング部 ロキソニンS外用薬 ブランドマネジャー 宮崎 享祐氏
日経BP社 日経BPヒット総合研究所 主席研究員 西沢 邦浩

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:第一三共ヘルスケア

  • 茅ケ崎市生まれ
  • ランニングプロデューサー
  • 坂本 雄次氏

1993年、「100㎞ウルトラマラソン」などのランニング大会を企画・運営、㈱ランナーズ・ウェルネスを設立。ウルトラマラソン大会の他、2007年に神奈川県初となるフルマラソン「湘南国際マラソン」、「横浜マラソン」の大会プロデューサー等、日々マラソンのため奔走している。

  • 第一三共ヘルスケア
  • マーケティング部 ロキソニンS外用薬 ブランドマネジャー
  • 宮崎 享祐氏

現在でも医療機関で数多く処方されている医療用医薬品「ロキソニンテープ・パップ・ゲル」のスイッチOTCとして、今年新発売された「ロキソニンS外用薬シリーズ」のブランドを統括。
自ら身体を張ったプレゼンテーションが分かりやすいと評判で、数々のメディアにも出演している話題のマーケターの一人。

  • 日経BP社 日経BPヒット総合研究所 主席研究員
  • 西沢 邦浩

早稲田大学卒業後、小学館を経て1991年日経BP社入社。「日経ヘルス」「日経ヘルス プルミエ」編集長を歴任し、「デトックス」、「ベジタブル・ファースト」、「大麦」など、数々の健康トレンドを仕掛ける。2013年より現職。ジャーナリスト、編集者としての仕事以外に、医療・健康美容分野における新商品および情報開発に関わるコンサルティングに従事するほか、同分野の学会、セミナー、イベントでの演者・司会、メディアへの出演、大学での講義など幅広い活動を行う。

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業に第三者提供いたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の第三者提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みください。
協賛企業:第一三共ヘルスケア

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
S-26B1

11月12日(土)16:15~17:45

  • B1FホールB-1
  • 無料

ロボットビジネス最前線~市場拡大への課題とは何か?

ペッパーやロボホンの登場で、身近になりつつあるロボット。とりわけコミュニケーションロボットは、一家に一台、一人一台まで市場が広がると期待されている。そこで、ロボットビジネスの最前線で活躍する3人に、ロボットの最新動向を紹介してもらうと同時に、人々のライフスタイルにロボットが浸透するための課題について議論を交わしてもらう。これからロボットでビジネスを展開しようとしている方、必聴の座談会。

ユカイ工学 CEO 青木 俊介氏 
DMM.com ロボット事業部 事業部長 岡本 康広氏
シャープ IoT通信事業本部 コミュニケーションロボット事業推進センター 商品企画部 チームリーダー 景井 美帆氏

【コーディネーター】
ロボットスタート 執行役員/編集部 ロボスタ編集長 望月 亮輔氏

  • ユカイ工学
  • CEO
  • 青木 俊介氏

2001年東京大学在学中に、チームラボを設立、CTOに就任。その後、ピクシブのCTOを務めたのち、ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。ソーシャルロボット「ココナッチ」、脳波で動く猫耳「Necomimi」、フィジカルコンピューティングキット「konashi」などIoTデバイスの製品化を多く手がける。2015年7月より、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」を発売、2015年度グッドデザイン賞を受賞。

  • DMM.com
  • ロボット事業部 事業部長
  • 岡本 康広氏

IT業界(システムインテグレータ)で約20年、法人営業を中心に、広報部門の立ち上げからプロダクトマーケティング、M&A・業務提携、新卒採用責任者、新規事業の執行責任者など、幅広くビジネスを経験する。2013年にDMM.comに参画。3Dプリント事業のプロデューサーを経て、2016年4月に新規事業であるDMMロボットキャリア事業『DMM.make ROBOTS』を立ち上げた。

  • シャープ
  • IoT通信事業本部 コミュニケーションロボット事業推進センター 商品企画部 チームリーダー
  • 景井 美帆氏

シャープ、IoT通信事業本部にて、入社以来数多くの携帯電話の商品企画に携わる。現在は、モバイル型ロボット電話「RoBoHoN」の開発チームのリーダーとして事業・商品企画に取り組む。

  • 【コーディネーター】
  • ロボットスタート
  • 執行役員/編集部 ロボスタ編集長
  • 望月 亮輔氏

1988年静岡県生まれ。大学卒業後、情報通信系一部上場企業、ITベンチャーを経て、26歳のときにロボット専門のWEBメディアを運営するロボットドットインフォを設立。2015年11月にロボットスタートに事業売却し、メディア担当執行役員・「ロボット情報WEBマガジン-ロボスタ-」の編集長として入社。現在に至る。

  • 詳細ページ
  • 申し込み
残り僅か
 

ようこそ、ゲストさま

カート内一覧


合計

申込済一覧