ようこそ、ゲストさま

カート内一覧


合計

申込済一覧

セミナー/出展者プレゼンテーション

基調講演

K-1

2015/12/09 11:00 ~ 12:00

無料

日本立国の三大柱

前中華人民共和国駐箚特命全権大使/前伊藤忠商事株式会社取締役会長/
早稲田大学特命教授/日中友好協会会長
丹羽 宇一郎 氏

【略歴】
1939 年 愛知県生まれ。1962 年 3 月名古屋大学法学部卒業、
同年 4 月伊藤忠商事入社、主に食料部門に携わる。
1998 年 4 月 同社社長、2004 年 会長に就任
2010 年 6 月~2012 年 12 月 中華人民共和国駐箚特命全権大使
現在 早稲田大学特命教授、グローバルビジネス学会会長、
日中友好協会会長
2006 年 10 月~2008 年 10 月 経済財政諮問会議民間議員、
2007 年 4 月~2010 年 3 月 地方分権改革推進委員会委員長

主な著書
「人は仕事で磨かれる」文春文庫刊
「汗出せ、知恵出せ、もっと働け!」文藝春秋刊
「新・ニッポン開国論」日経 BP 刊
「負けてたまるか!若者のための仕事論」朝日新書刊
「北京烈日」文藝春秋刊
「負けてたまるか!リーダーのための仕事論」朝日新書刊
「中国の大問題」PHP 新書刊
「危機を突破する力」角川新書刊
「人を育てよ」朝日新書刊

【講演内容】
自由(貿易)と平和を国是とする日本の将来の姿を支える三大柱技術・観光・農業の通底を語る

講演

P-0

2015/12/09 15:00 ~ 15:40

無料

「戦国BASARA」が地方創生の起爆剤となる
~CAPCOMのキャラクター活用術~

株式会社カプコン 
第四開発部部長 プロデューサー
小林 裕幸氏

株式会社カプコンのプロデューサー。1995年、カプコンにプログラマーとして入社。
『バイオハザード』『ディノクライシス』等のゲーム開発に携わった後、
『バイオハザード』シリーズ(02~15)『デビルメイクライ』シリーズ(01~15)『戦国BASARA』シリーズ(05~15)
『ドラゴンズドグマ』シリーズ(12~15)など、様々なタイトルのプロデューサーとして
企画部分からプロモーション、商品企画&イベントまで手がける。
ゲーム以外にも『バイオハザード』の映画シリーズや舞台、『デビルメイクライ』の小説、テレビアニメや舞台、
『戦国BASARA』シリーズの漫画、TV&劇場アニメ、舞台、実写ドラマなどに参加。

【講演内容】
「戦国BASARA」シリーズに登場するキャラクターと地方自治体とのコラボレーションによる地域活性化について

P-1

2015/12/09 16:00 ~ 17:00

無料

渡邉 賢一氏


前野 伸幸氏


MPI対談「世界が注目するローカルMICEの可能性」~いまなぜローカルMICEなのか?~

渡邉賢一氏
ソーシャル・プロデューサー/産官学民連携コンサルタント
MPIジャパンチャプター 地方創生アンバサダー
一般社団法人元気ジャパン 代表理事。株式会社XPJP 代表取締役社長。国際電信電話、朝日新聞社、内閣官房 地域活性化統合事務局に勤務後、独立。インバウンド観光、地方創生、ローカル・クールジャパン分野を中心に、産・官・学・民 連携を通じて社会課題を解決する事業を多数展開。内閣官房 地域活性化伝道師、内閣官房
クールジャパン有識者委員、農林水産省 食と農の景勝地事業委員。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究所 研究員。

前野伸幸氏
株式会社ホットスケープ 代表取締役
MPIジャパンチャプター 副会長 兼 教育委員長
インセンティブイベントや企業イベント・各種セミナー・研修などの企画・進行・運営を数多く手掛けており、大手企業からの直接受託も多い。 その経験を活かし、MICE施設のコンサルタント・運営でも多くの実績を残し最近では虎ノ門ヒルズフォーラムのコンサルタントを2年間にわたり自らが担当し、さらに運営・管理業務も受託。現在、宮崎のフェニックス・シーガイア・リゾートのコンベンション施設のリニューアルにも関わる。施設を貸し出す側と施設を利用する側の双方の立場で経験を積み、そのノウハウを活かして活躍中。

【講演内容】
MPIジャパンチャプターの地方創生アンバサダーの渡辺賢一氏と、次期会長の前野伸幸氏がローカルMICEの取り組みの先進事例や成功事例を交えながら、地方が持つポテンシャルを見直し、MICEへの活用や地方ならではのMICEの効果を語ります。DMO(Destination Marketing/Management Organization)が果たすべき役割や、日本型DMOの機能にも触れます。

P-2

2015/12/09 18:00 ~ 18:40

無料

「弁当」からひもとく、パッケージという価値作りと効果

HORBAL 代表取締役 野上優佳子氏

料理家、コンサルタント。使ったお弁当箱は300種類以上、プライペートでも30年お弁当生活を続けている。経験に基づいた知見から、弁当についての講演や執筆、メディア出演多数。プロダクトの企画開発やイベントも手がける。近著に『お弁当づくりの地頭がよくなるお弁当のセカイ』(ワニブックス)など。大学生から幼稚園まで2女1男の母。株式会社ホオバル(horbal.jp)代表。

【講演内容】
「価値」を伝える上での「パッケージング」効果について。地域が保有する個々のコンテンツが、素晴らしい歴史と意味を持ちながらも、訴求力が弱いのはなぜか。「弁当」という視点から見える、パッケージが持つメッセージ性とコミュニケーション効果について考えます。

P-3

2015/12/10 13:00 ~ 13:40

無料

イベント・サステナビリティ

日本コンベンションサービス株式会社/MICE都市研究所・主任研究員
西本 恵子 氏

国際会議の誘致・企画・運営業務歴15年。世界最大のMICE団体Convention Industry Councilが実施する国際認証CMP(Certified Meeting Professional)の試験作成委員を担当。
社会人学生として京都大学大学院修士課程在学中。専門分野はMICEを活用した地方創生。

【講演内容】
いまシンガポールやコペンハーゲンをはじめとする世界の主要なMICE都市が、誘致戦略として導入を進めているイベント・サステナビリティ。2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会でも導入が決まっており、日本でも次第に注目が高まっています。サステナビリティがなぜMICEビジネスの差別化につながるのか、日本企業で唯一ISO20121を取得している日本コンベンションサービス株式会社の研究員がわかりやすく解説します。

P-4

2015/12/10 14:00 ~ 14:40

無料

ユニークべニュー活用事例 ~心に残るイベントを創り出すために~

Plus One Inc. 代表取締役 : 小田 克文氏

1977年山口県(長州藩)生まれ。福岡の中村学園大学を卒業後、男性では当時珍しく保育士として働く。
ヘッドハンティングを受けアズビル株式会社の営業マン、その後ブライダル最大手の株式会社Plan・Do・See に9年勤務。
一般宴会・MICE案件のセールスに携わり、3,000件以上のユニークなMICEの案件を担当。そこを経て現職。
日本中の素敵な施設・空間を世の中に伝える為、MICEコンシェルジュとして活動中。

【講演内容】
従来通りのパーティーの設えや演出ではゲストは満足させることはできません。
ユニークなベニューと演出、サプライズや感動、プラスアルファの付加価値を提供し続けることが成功するMICEにおいても必要です。その成功事例を運営のノウハウと合わせてご紹介します。

T-1

2015/12/09 14:30 ~ 15:00

無料

リゾートMICEの最適地『沖縄』の最新情報!

●一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
  海外事業部 MICE戦略推進課 課長
  嘉数 晃 氏

●沖縄コンベンションセンター
  副館長
 上地 公代 氏
  MICEコーディネーター 
仲座 尚美 氏

●万国津梁館
  MICEコーディネーター
  名護 朝子 氏

●株式会社いちまりん
代表取締役 
屋良 朝仁 氏

【講演内容】無人島でのチームビルディングから沖縄を代表するMICE施設まで、沖縄の最新情報をご案内いたします。

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業にお渡しいたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みをお受けいたします。
協賛企業:沖縄観光コンベンションビューロー

T-2

2015/12/10 14:30 ~ 15:00

無料

リゾートMICEの最適地『沖縄』の最新情報!

●一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
  海外事業部 MICE戦略推進課 課長
  嘉数 晃 氏

●沖縄コンベンションセンター
  副館長
 上地 公代 氏
  MICEコーディネーター 
仲座 尚美 氏

●万国津梁館
  MICEコーディネーター
  名護 朝子 氏

●株式会社いちまりん
代表取締役 
屋良 朝仁 氏

【講演内容】無人島でのチームビルディングから沖縄を代表するMICE施設まで、沖縄の最新情報をご案内いたします。

※本セミナーを受講申込いただいた方には、ご登録いただいた住所や電話番号、E-Mailアドレスなどに、講演企業、協賛企業から直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などのお願いをさせていただく場合があります。日経BP社が登録情報を取りまとめ、該当企業にお渡しいたします。それ以降は、各社それぞれの責任において管理されます。ご登録情報の提供にご同意いただけた方のみ、お申し込みをお受けいたします。
協賛企業:沖縄観光コンベンションビューロー

S-1

2015/12/10 10:30 ~ 12:00

無料

Fiona Pelham
Meeting Professionals International
次期会長
Joris Vanzieleghem
ヒルトンワールドワイド セールス
国際営業部長 MICE担当
Yuji Andreas Wendler
teamtravel premium 代表 /
teamtravel Sports & Events 代表
山本 牧子氏
MPI Japan Chapter 会長
バンクオブアメリカ・メリルリンチ
イベントマーケーケティング シニア バイスプレジデント

10:30
 主催者挨拶(JNTO)

10:35~11:15
 基調講演
 「ミーティング・インセンティブ誘致のグローバルトレンド」
 Fiona Pelham(Meeting Professionals International 次期会長)

11:15~12:00
 パネルディスカッション
 「日本のミーティング・インセンティブ国際競争力向上のために」
 
パネリスト
 Fiona Pelham(Meeting Professionals International 次期会長)
Joris Vanzieleghem (Hilton Worldwide)
Yuji Andreas Wendler (teamtravel premium 代表/ teamtravel Sports & Events 代表)

モデレーター
  山本 牧子(MPI Japan Chapter 会長)

【講演内容】
 近年、企業会議(ミーティング)、インセンティブ旅行の誘致・開催が大きな注目を集めています。ビジネス機会やイノベーションの創出だけでなく、開催地域に対して大きな経済波及効果を生み出すこれらのミーティング・インセンティブは、アジア諸国を始めとした海外の有力国・都市も官民を挙げて誘致に取り組んでいるため、その競争は年々激化しています。

 基調講演では、MPIインターナショナル次期会長のFiona Pelham氏より、ミーティング・インセンティブの現状や動向と、誘致および受入れに関する世界各都市の取り組み、2020年のビッグイベントに向けて日本が取り組むべきこと等についてお話しいただきます。

 パネルディスカッションでは、開催地決定のためのプランナーのニーズや誘致にまつわる情報入手の方法、海外に向けて日本の魅力を発信していく効果的な方法について、海外から見た日本の視点を交えてミーティング・インセンティブ業界のエキスパート達が意見を交わします。


【講師プロフィール】
Fiona Pelham
Meeting Professionals International 次期会長

Fiona launched not for profit Positive Impact in 2005 to provide education and collaboration opportunities to create a sustainable event industry. Positive Impact shares stories of sustainability best practice with the global industry.

Fiona is also managing director of Sustainable Events Ltd whose clients range from Manchester United Old Trafford to Unilever and whose team of associates are based across the world.

Fiona was the youngest female to chair an ISO standard when in 2012 ISO 20121 a management system for event sustainability inspired by London 2012 Olympic and Paralympic Games was launched.

In 2014 Fiona received an honorary doctorate from The Leeds Metropolitan University for services to the event industry in sustainability.

In January 2016 Fiona will become international chair for Meeting Professionals International, a global association of over 20,000 members.

Fiona is passionate about sustainability and her background in events and strategic implementation of sustainability gives her a unique perspective which she has shared at numerous presentations to the event industry around the world.?


Joris Vanzieleghem
ヒルトンワールドワイド セールス 国際営業部長 MICE担当
ベルギー生まれ。学生時代は、南京大学を含む3つの大学でModern and Classical Chinese, history and international politicsを学ぶ。卒業後、台湾の外務省にて中華民国外交部に勤務する。
その後、オーストラリアのイベント会社「The Eight Group」に入社。コンファレンス&イベントディレクターとして、シンガポール、上海、北京にて勤務する。その腕が買われ、スターウッドホテル、シャングリラホテルにて海外MICEの担当となり、集客を劇的に伸ばす。2010年よりヒルトンホテルグループに入社、大阪ヒルトンを経て、現在東京にて活躍。豊かな経験を生かし、テーラーメードで印象に残るイベントを手掛けることに情熱を傾ける。


Yuji Andreas Wendler
teamtravel premium 代表/ teamtravel Sports & Events 代表
ドイツのケルンに本社を置く国際的なMICEの企画運営会社teamtravel premium 社と teamtravel Sports & Events社の代表。東京生まれ、ドイツ育ち。ボン大学と早稲田大学への留学で、日本研究の修士を取得。 ツーリズムマネジメントのディプロマも保有。卒論のテーマは 「東京のホテル市場-経済的・地理的な側面からの分析」で、この分野では初めての学術的な論文を執筆。
teamtravel premium 社はインセンティブ旅行やイベント、ミーティングをグローバル規模で展開しているが、日本への熱い想いといくつものプロジェクトの成功により日本との結びつきは深く、MICE目的地 として日本をプロモートしている。
Wendler氏はMPIドイツチャプターのメンバーシップ委員会の副委員長を務める。


山本 牧子
MPI Japan Chapter 会長
バンクオブアメリカ・メリルリンチ イベントマーケーケティング シニア バイスプレジデント

京都の老舗ホテルを皮切りにフォーシーズンホテル椿山荘F&Bディレクター秘書。その後国際セールスで活躍した後、フォーシーズンホテルの東京ワールドセールスオフィスにてリージェントホテル香港の営業に専念する。
2000年よりメリルリンチ日本証券(株)にてイベント・プランナーとして勤務。 多忙な中、ホテル、旅行会社、地方自治体を中心に講演活動も精力的にこなしている。イベント・プランナーの視点、実務者の経験に根ざした分かりやすい解説は高く評価を受け、参加者に多くの提案や、企画のヒントを与えている。 
2012年7月よりMPIジャパンチャプター会長。
2014年3月1日より 東京都観光事業審議会委員